CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ホームページの「野球肩の原因とその治療」を修正いたしました
0

    スポーツの痛み改善専門スポーツ整体 フィジカルデザインのブログです。

    皆様、いつもご利用いただき誠にありがとうございます。本日は、ホームページの野球肩の原因とその治療を修正しましたので、投球肩の状態も少し解説しておきます。

     

    ホームページコンテンツ:野球肩の原因とその治療

     

    野球を行われているお客様の中で最も多いのが「野球肩」です。その多くの症状は日常生活などでは痛みななく、投球時のみ痛みが出るというもので、痛みの場所は肩の前や横に出る方が多いように思えます。

     

     

    そしてほとんどの方がカラダが硬いと自覚があり、特に股関節と肩甲骨を含めた胸郭の硬さがあり、今までどれだけ投球動作が難しかったかを物語っています。

     

    野球肩の一般的な症状は、股関節や胸郭が動きにくくなってきたために肩・腕が特に頑張る必要が出てきたというものだと思います。投球を腕の振りだけで行うと遠心力で腕は肩から抜けそうになり不安定になっていきます。

     

    そのような肩の不安定を補うために肩周囲の筋肉は緊張が入ります。肩周囲の緊張が強まればインナーマッスルは働きにくくなります。さらに不安定が増し肩だけでなく胸や背中まで緊張が強まり肩の可動域制限が生じてきます。

     

    このように可動域の制限が生じた状態で無理に投球を行えば、様々な組織が損傷する可能性が出てきます。その組織の損傷を防ぐ役割があるのが警告の痛みです。この警告の痛みの段階で徹底的に対処し競技復帰できるようにしなければなりません。

     

    警告の痛みを無視したり、痛み止めの薬を用い投球していると本当に組織が損傷し炎症を起こします。本当に組織の炎症が起きると、熱を持ったり、腫れたり、少し動かしただけでも強い痛みが出てきます。夜寝ていても痛みがあるかもしれません。ここまでになると簡単には治りません。競技も長期間休む必要が出てきます。

     

     

    皆様のご活躍を応援しております。

    フィジカルデザイン

    | 当店からのお知らせ | 22:24 | comments(0) | - |
    足首の捻挫はクセになるのか
    0

      スポーツの痛み改善専門スポーツ整体 フィジカルデザインのブログです。皆様、いつもご利用いただき誠にありがとうございます。本日のテーマは「足首の捻挫はクセになるのか」です。

       

      スポーツのけがの中でも足首の捻挫は非常に多くみられます。捻挫をされる方は何度も繰り返して捻挫をするので「クセ」になっていると考える方も多くいらっしゃいます。お客様の中でも、「足首の捻挫はクセになるのですか?」とご質問をいただくことも頻繁にみられます。

       

      結論から申しますと、足首の捻挫はクセではなく捻挫をしてしまう原因が解決していないということになります。足首の捻挫は片足で立った時の重心位置が足の外側になってしまうのが原因ですので、上半身の崩れや姿勢のコントロールが不十分なまま放っておくと何度も捻挫しやすくなります。

       

      これを「クセ」だと考えられる方が多いのですが、上半身のコンディションを含めて全身を調整するとスポーツの事故、例えば地面のくぼみで捻ったり、他の人の足を踏んだといったような回避できないもの以外で捻挫をすることが非常に少なくなります。

       

      捻挫を繰り返す方は、まず上半身の崩れや、動きの中でのバランスコントロールを修正する必要があります。

       

       

      大阪で大会があったお客様からお土産をいただきました。お忙しい中お気遣いいただき誠にありがとうございます。

       

       

      フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、

      スポーツ選手のコンディションについても徹底的に研究しております。

      なお、スポーツ選手の痛み、コンディションについては

      フィジカルデザインのサイトをご覧ください。

       

      スポーツの痛みになぜ悩むのか

      コンディションの考え方

       

      皆様のご活躍を応援しております。

      フィジカルデザイン

       

       

       

      | スポーツの痛み | 21:32 | comments(0) | - |
      腹筋トレーニングをどう考えるか
      0

        スポーツの痛み改善専門スポーツ整体 フィジカルデザインのブログです。皆様、いつもご利用いただき誠にありがとうございます。本日のテーマは「腹筋トレーニングをどう考えるか」です。

         

        腹筋は古くから手軽に行えるトレーニングと認識されることが多く、選手の中でも行われている方もあるかもしれません。しかし、上半身を体を起こして行う「腹筋トレーニング」は背中を丸める運動のため、あまりおすすめできるトレーニングではありません。

         

        特にスポーツの場面では背中が丸くなると股関節の機能が発揮できなくなるためパフォーマンスが低下します。また、重心が後方になるため前方に走りにくくなりますし、膝やふくらはぎへの負担も増加することや、体幹の安定性が失われるなど良いことがありません。

         

        インターネットで腹筋トレーニングを検索してみると海外のサイトでは、そのほとんどが効果がないばかりか逆に悪影響を与えると記載してあるものが多く、反対に日本のサイトでは医師を中心に腰痛の予防などの観点から腹筋を勧めるものやボディーメイクで腹筋を割るために推奨しているものが多くありました。このような認識の違いはなぜ生じるのでしょうか。

         

        トレーニングを行うには、例え非常に簡単なものであってもその効果や作用を考えて行わなければ逆にパフォーマンスを低下させることが多々あります。どうも動きにくい、パフォーマンスが上がらないと思われている方は一度、トレーニング内容や頻度などを見直されても良いかもしれません。

         

        いつもありがとうございます。追加でインターハイのお土産をいただきました。

        皆様、次は国体の準備ですね!

         

         

         

        フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、

        スポーツ選手のコンディションについても徹底的に研究しております。

        なお、スポーツ選手の痛み、コンディションについては

        フィジカルデザインのサイトをご覧ください。

         

        スポーツの痛みになぜ悩むのか

        コンディションの考え方

         

        皆様のご活躍を応援しております。

        フィジカルデザイン

         

        | トレーニング | 01:01 | comments(0) | - |
        令和元年 2019年度 全国中学校体育大会(全中)が開幕
        0

          スポーツの痛み改善専門スポーツ整体 フィジカルデザインのブログです。皆様、いつもご利用いただき誠にありがとうございます。本日のテーマは「令和元年 度全国中学校体育大会(全中)が開幕」です。

           

          今週から2019年 全国中学校体育大会(全中)が主に近畿地方で開幕します。日程は競技により異なります。当店からも複数の種目の方が出場されます。そのため、特に8月に入ると全中に出場される方のコンディションの調整等で忙しくさせていただきました。

           

          当店をご利用されるお客様はレベルの高い方ばかりと思われる方も多いのですが、決して最初から競技レベルの高い方ばかりではありません。当初は関節やシンスプリントの痛みが治らず思うような結果が出せていなかった方がほとんどです。

           

          しかし痛みを克服された後には、結果を出すためにはコンディションが非常に重要であるということをご理解いただき、そこから一つひとつ練習や大会を積み重ね、さらにコンディションの再調整を行いながら県大会、中国大会、全国大会出場へと成長される姿を選手やご家族と共有できることは非常に嬉しいことです。

           

          これからも皆様の今後のご活躍を応援しております。引き続きよろしくお願いいたします。

           

           

          フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、

          スポーツ選手のコンディションについても徹底的に研究しております。

          なお、スポーツ選手の痛み、コンディションについては

          フィジカルデザインのサイトをご覧ください。

           

          スポーツの痛みになぜ悩むのか

          コンディションの考え方

           

          皆様のご活躍を応援しております。

          フィジカルデザイン

          | 当店からのお知らせ | 22:50 | comments(0) | - |
          中国五県陸上競技対抗選手権大会 2019お疲れさまでした
          0

            スポーツの痛み改善専門スポーツ整体 フィジカルデザインのブログです。皆様、いつもご利用いただき誠にありがとうございます。本日のテーマは「中国五県陸上競技対抗選手権大会 2019お疲れさまでした」です。

             

            2019年8月17日〜18日の2日間、山口県維新みらいふスタジアム(維新百年記念公園陸上競技場)で開催されました。当店からも高校生の選手が出場されました。

             

            毎週のように大会が続き万全のコンディションではなかったためやや心配しておりましたが、無事何事もなく終えられ安心いたしました。さらに再修正を加え、今後の大会においても全力が発揮できるようしっかりコンディションをつくっていきましょう。

             

            お忙しい中、お土産もいただきました。ありがとうございます。

            今後ともよろしくお願いいたします。

             

             

            フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、

            スポーツ選手のコンディションについても徹底的に研究しております。

            なお、スポーツ選手の痛み、コンディションについては

            フィジカルデザインのサイトをご覧ください。

             

            スポーツの痛みになぜ悩むのか

            コンディションの考え方

             

            皆様のご活躍を応援しております。

            フィジカルデザイン

            | 当店からのお知らせ | 00:37 | comments(0) | - |
            高校野球の3年生が引退の報告に来てくださいました
            0

              スポーツの痛み改善専門スポーツ整体 フィジカルデザインのブログです。皆様、いつもご利用いただき誠にありがとうございます。本日のテーマは「高校野球の3年生が引退の報告に来てくださいました」です。

               

              毎年、高校野球の県大会が終わると3年生の引退する選手が挨拶に来てくださいます。振り返ると高校の3年間はあっという間に過ぎてしまいますね。

               

              最初は痛みが治らず、どうにかならないかと当店にお越しくださり

              痛みが取れた後は定期的にメンテナンスでお越しになる方が多いです。

              野球部で中学校の時からご利用くださる方は6年間のお付き合いになります。

               

              そうした中でも、突然に思わぬところに痛みが出たり、動きにくくなったりすることもありましたね。それでも当店を信頼していただきご利用いただけたことは感謝でしかありません。本当にありがとうございます。

               

              早速、受験勉強等が大変だと思いますが

              皆様の益々のご活躍を楽しみにしています。

               

               

              お菓子を頂きました。

              お心遣いいただきありがとうございます。

               

               

              フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、

              スポーツ選手のコンディションについても徹底的に研究しております。

              なお、スポーツ選手の痛み、コンディションについては

              フィジカルデザインのサイトをご覧ください。

               

              スポーツの痛みになぜ悩むのか

              コンディションの考え方

               

              皆様のご活躍を応援しております。

              フィジカルデザイン

               

              | 当店からのお知らせ | 01:52 | comments(0) | - |
              沖縄インターハイ 2019 出場お疲れさまでした!
              0

                スポーツの痛み改善専門スポーツ整体 フィジカルデザインのブログです。皆様、いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。本日のテーマは「沖縄インターハイ 2019 出場お疲れさまでした!」です。

                 

                2019年度、全国高等学校総合体育大会「南部九州総体2019」が2019年7月24日に開幕しました。今年の陸上競技においては、沖縄県沖縄市タピック県総ひやごんスタジアム(沖縄県総合運動公園陸上競技場)で開催されました。

                 

                当店からも複数名の方が出場され、早速、結果報告とお土産を頂きました。お忙しい中、お心遣い誠にありがとうございます。皆様、ケガもなく無事に終わったようですが、全国のレベルの高さを実感された様子で、今後の練習やトレーニングのモチベーション向上につながっていくのでしょう。

                 

                今後とも、益々のご活躍ができるようしっかりとサポートして参ります。この度は皆様お疲れさまでした。

                 

                 

                 

                 

                 

                フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、

                スポーツ選手のコンディションについても徹底的に研究しております。

                なお、スポーツ選手の痛み、コンディションについては

                フィジカルデザインのサイトをご覧ください。

                 

                スポーツの痛みになぜ悩むのか

                コンディションの考え方

                 

                皆様のご活躍を応援しております。

                フィジカルデザイン

                 

                | 当店からのお知らせ | 11:25 | comments(0) | - |
                トミー・ジョン手術 4割が高校生以下の子供との分析
                0

                  いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

                  本日のテーマは「トミー・ジョン手術 4割が高校生以下の子供との分析」です。

                   

                  当店においても、野球による肘の痛み「野球肘」の改善が目的でご来店される方は野球肩に次いで多いと思います。特に中学生から高校1年生にかけて急激に練習量や試合数が増したことによる痛みが多いのではないかとの印象を受けています。

                   

                  この度、肘を痛めた野球選手に行う「トミー・ジョン手術」について、群馬県の整形外科病院の医師が担当患者を分析したところ、手術を受けた4割が高校生以下の子どもであることが、NHKの報道で明らかになったようです。

                   

                  報道によると、トミー・ジョン手術を行う国内有数の病院である慶友整形外科病院(群馬県館林市)では、プロ野球選手を含めて、1200件の手術を行っている。600件以上を担当した医師が分析したところ、高校生以下の子どもが4割を占め、小学生もいたということです。

                   

                  トミー・ジョン手術というのは、肘が痛い場合に行う手術ではなく、肘の靭帯が断裂してしまった場合に行う手術です。自分の脚などの腱を移植する治療する手術で、プロ野球の投手がトミー・ジョン手術を行ったというニュースも頻繁に出てきます。最近では、田中将大選手や大谷翔平選手がこの手術を受けておられます。

                   

                  そこで、子どもたちの肩や肘のケガを防ぐための球数制限をめぐって議論も行われています。全日本軟式野球連盟は、今年の全国大会から試合でのピッチャーの1日の投球数を70球までに制限することを決めたようですが、競技者数の減少などで複数のピッチャーの育成が難しいチームもあるという意見もあったということです。

                   

                  また、高野連=日本高校野球連盟も投手の負担軽減策について検討する有識者会議を設置しており、6月に開かれた会議では、球数制限が必要だということで意見は一致したということです。

                  しかし、1試合ごとに球数制限をかけることについて「チームへの制約が大きい」という反対意見が出たことから、日数など一定の期間を設けて球数を制限する案を提言する方針を決めたようです。

                   

                  数十年スポーツ治療にかかわっている立場から言わせていただくと、投球制限を行っても日頃の練習やトレーニングで蓄積した疲労やストレスは容易に改善しないため、本当の意味での予防までには至らないかもしれませんが、野球肘に至るまでの過程は延長できると思います。

                   

                  やはり、本当にケガを予防していくためには必ず日頃から個々の選手に応じたメンテナンスが必要となるでしょう。その重要性をもっと多くの方に理解いただきたいのですが、残念ながら現時点ではホームページを見てくださる方や、当店をご利用いただけるお客様にしかお伝えできていないのが現状です。

                   

                   

                  フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、

                  スポーツ選手のコンディションについても徹底的に研究しております。

                  なお、スポーツ選手の痛み、コンディションについては

                  フィジカルデザインのサイトをご覧ください。

                   

                  スポーツの痛みになぜ悩むのか

                  コンディションの考え方

                   

                  皆様のご活躍を応援しております。

                  フィジカルデザイン

                   

                  | スポーツの痛み | 01:32 | comments(0) | - |
                  令和元年 広島商業高校が甲子園出場を決める!
                  0

                    いつも忙しくさせていただき誠に感謝しております。

                    本日のテーマは「広島商業高校が甲子園出場を決める」です。

                     

                    本日、令和元年7月29日、夏の全国高校野球広島大会の決勝がマツダスタジアムで行われ、広島商業高校が尾道高校に10対7で勝ち、15年ぶり23回目の夏の甲子園出場を決められました。

                     

                    試合内容は、広商・尾道ともに暑さもあってかエースの疲労がみられ、大量得点を与える結果となりましたが、共に2番手のピッチャーが安定しており追加点を与えないという、非常に緊張感のある見ごたえのある試合となりました。

                     

                    今年は、当店に広商野球部の方が、紹介紹介で多数お越しくださいました。通常スポーツ選手であれば、痛みや不調がある場合、当店を利用して良くなってもなかなかライバルの他の選手に紹介ということはないのですが、

                     

                    今年の広商の選手は、調子が出ていなければレギュラー争いをしている同じポジションの選手をも紹介してチーム力を高めようとする意識を皆が持っており、今年の広島商業は何か違うなと感じさせるものがありました。

                     

                    平成は夏の甲子園出場が1度だったようですが、令和初の甲子園に広商野球が帰ってきます。

                     

                     

                    フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションについても徹底的に研究しております。

                    なお、スポーツ選手の痛み、コンディションについてはフィジカルデザインのサイトをご覧ください。

                     

                     ●スポーツの痛みになぜ悩むのか

                     ●コンディションの考え方

                    | スポーツニュース | 01:36 | comments(0) | - |
                    調子が良ければ不調が来ます
                    0

                      いつも忙しくさせていただきありがとうございます。本日は、「調子が良ければ不調が来ます」というテーマです。

                       

                      当店をご利用いただいているお客様の多くは、痛みが改善した後はコンディションの調整を定期的に行われる方がほとんどです。それだけ「カラダの状態」というのは痛みに関係しているだけでなく、スポーツのパフォーマンスに大きな違いが表れるのです。

                       

                      そのため、多数のお客様がお越しいただけることによって、わたくしにとってもコンディション調整における膨大なデータが蓄積されるため、さらに多くの方に貢献できることになります。これは本当に感謝しかありません。

                       

                      そうした中で、誰もが最高のコンディションで最高のパフォーマンスが常に発揮できれば良いのですが、いつもいつも思い通りにはいきません。真剣にスポーツに向き合っているならば、必ず良い時もあれば悪い時もあるはずです。

                       

                      昨日までは絶好調だったのに、今日は全く思い通りにならず最悪。例えば投手の方であれば、前回の試合は無失点で抑えたのに、今日は制球が定まらず初回から炎上するという日もあるはずです。他には試合の前までは敵なしだったのに試合ではそれが全く発揮できなかったなど。

                       

                      確かにメンタルの変化も影響しているとは思いますが、カラダのコンディションの視点においては「非常に調子が良い日が続けば、その後は調子を崩しやすい」ということが言えると思います。

                       

                      このようなことはなぜ起きるのでしょうか?私の経験においては、実はコンディションが良くキレキレの状態は、非常に繊細なバランス状態が保たれた状態であり、またそのような状態は負荷が重なることによって変化もしやすいということが言えるのではないでしょうか。

                       

                      さらに、コンディションが良く調子が良い状態は、全力で通常よりもどんどん頑張れますので、いつもよりカラダへの負荷も高まります。しかし、そのように無理しても頑張れる状態は、逆にコンディションを崩しやすくカラダも変化しやすいということが言えるのです。

                       

                      疲労が積み重なることによるカラダの変化は意識に上がりにくく、自分でその変化を気づくことは稀ですが、多くの方は思うようにプレーできなくなって初めてカラダの変化に気付くことになり、「あれ、昨日までの調子はどこに行った?」ということになるのです。

                       

                      日頃、試合や練習などでカラダを酷使しているスポーツ選手は日々コンディションは変化しています。さらに調子が良ければ身体への負荷がいつも以上に高まっているので、通常以上に大きく変化していることが多いため、問題を解決できなければ不調が続くということにもなりかねません。

                       

                      調子が良い時には何も考えることなく思い通りのパフォーマンスが発揮されるので、細かなカラダの変化には目が配れなくなりやすいのですが、調子が良い時こそカラダのコンディションの変化に気を付けて、大きく崩れることを予防していく必要があります。

                       

                       

                      フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、

                      スポーツ選手のコンディションについても徹底的に研究しております。

                      なお、スポーツ選手の痛み、コンディションについては

                      フィジカルデザインのサイトをご覧ください。

                       

                       ●スポーツの痛みになぜ悩むのか

                       ●コンディションの考え方

                       

                      皆様のご活躍を応援しております。

                      フィジカルデザイン

                      | コンディショニング | 15:10 | comments(0) | - |
                      | 1/10PAGES | >>