CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
トミー・ジョン手術 4割が高校生以下の子供との分析
0

    いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

    本日のテーマは「トミー・ジョン手術 4割が高校生以下の子供との分析」です。

     

    当店においても、野球による肘の痛み「野球肘」の改善が目的でご来店される方は野球肩に次いで多いと思います。特に中学生から高校1年生にかけて急激に練習量や試合数が増したことによる痛みが多いのではないかとの印象を受けています。

     

    この度、肘を痛めた野球選手に行う「トミー・ジョン手術」について、群馬県の整形外科病院の医師が担当患者を分析したところ、手術を受けた4割が高校生以下の子どもであることが、NHKの報道で明らかになったようです。

     

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190731/k10012014821000.html
     

    報道によると、トミー・ジョン手術を行う国内有数の病院である慶友整形外科病院(群馬県館林市)では、プロ野球選手を含めて、1200件の手術を行っている。600件以上を担当した医師が分析したところ、高校生以下の子どもが4割を占め、小学生もいたということです。

     

    トミー・ジョン手術というのは、肘が痛い場合に行う手術ではなく、肘の靭帯が断裂してしまった場合に行う手術です。自分の脚などの腱を移植する治療する手術で、プロ野球の投手がトミー・ジョン手術を行ったというニュースも頻繁に出てきます。最近では、田中将大選手や大谷翔平選手がこの手術を受けておられます。

     

    そこで、子どもたちの肩や肘のケガを防ぐための球数制限をめぐって議論も行われています。全日本軟式野球連盟は、今年の全国大会から試合でのピッチャーの1日の投球数を70球までに制限することを決めたようですが、競技者数の減少などで複数のピッチャーの育成が難しいチームもあるという意見もあったということです。

     

    また、高野連=日本高校野球連盟も投手の負担軽減策について検討する有識者会議を設置しており、6月に開かれた会議では、球数制限が必要だということで意見は一致したということです。

    しかし、1試合ごとに球数制限をかけることについて「チームへの制約が大きい」という反対意見が出たことから、日数など一定の期間を設けて球数を制限する案を提言する方針を決めたようです。

     

    数十年スポーツ治療にかかわっている立場から言わせていただくと、投球制限を行っても日頃の練習やトレーニングで蓄積した疲労やストレスは容易に改善しないため、本当の意味での予防までには至らないかもしれませんが、野球肘に至るまでの過程は延長できると思います。

     

    やはり、本当にケガを予防していくためには必ず日頃から個々の選手に応じたメンテナンスが必要となるでしょう。その重要性をもっと多くの方に理解いただきたいのですが、残念ながら現時点ではホームページを見てくださる方や、当店をご利用いただけるお客様にしかお伝えできていないのが現状です。

     

     

    フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションについても徹底的に研究しております。

    なお、スポーツ選手の痛み、コンディションについてはフィジカルデザインのサイトをご覧ください。

     ●スポーツの痛みになぜ悩むのか

     ●コンディションの考え方

    | スポーツの痛み | 01:32 | comments(0) | - |
    | 1/10PAGES | >>