CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 外壁補修工事が終了しました | main | 自ら進まなければどこに漂流するか分からない >>
冬季トレーニングのコンディショニング
0

    スポーツの痛み改善専門スポーツ整体 フィジカルデザインのブログです。皆様、いつもご利用いただき誠にありがとうございます。

     

    本日のテーマは「冬季トレーニングのコンディショニング」です。

    今月に入り、多くの方から「本格的な冬季トレーニングに入りました」という声をいただいております。そうした中ですでに不調を訴えられる方も少しずつ増えているように思えます。

     

    冬季のメニューは、走り込みをしたり、脚のトレーニングを行ったり、練習量が大幅に増えたり、また、そのバリエーションも様々なようですが、多くの方が太ももが「パンパン」の状態で股関節の柔軟性が全く出ておらず、そのため腰に負担がかかり痛みにつながっています。

     

    あまりにも柔軟性が不足していると、すぐに疲労して思うように動けず、良い練習ができない。その結果、シーズンで思うような成績が残せない、最悪の場合ケガを生じるということになりがちです。

     

    冬季トレーニングはどの競技においても、練習量やトレーニング量が増えることが多いと思いますが、動く量が増えた分だけメンテナンスにも時間が必要となります。

     

    毎日疲れきってトレッチどころではないと思われる方もあると思いますが、良い練習、良い刺激を入れるためにも、時間を見つけてメンテナンスを行う習慣をつけていきましょう。

     

     

    フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションについても徹底的に研究しております。

    なお、スポーツ選手の痛み、コンディションについてはフィジカルデザインのサイトをご覧ください。

     

    皆様のご活躍を応援しております。

    フィジカルデザイン

    | コンディショニング | 01:27 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする