CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 年始からのご利用ありがとうございます | main | 上級者との違いは何か? >>
体幹にあるインナーマッスルの重要性
0

    スポーツの痛み改善専門スポーツ整体 フィジカルデザインのブログです。皆様、いつもご利用いただき誠にありがとうございます。本日のテーマは「体幹にあるインナーマッスルの重要性」です。

     

    体幹が重要だということは、書籍やインターネットなどにも度々記載されているため皆様もよくご存じのことと思います。

     

    よく言われる体幹とは背骨・骨盤・胸郭などを安定させているインナーマッスルの総称のことで、主に腹横筋、骨盤底筋、多裂筋、腹斜筋のことになります。

     

    当店においても、痛みへの対応やコンディションの調整を行う場面においては常に体幹のインナーマッスルが最大限に機能することが出来るよう、全身との関連性を視野に入れながら調整しています。

     

    しかし、体幹のインナーマッスルを回復するためには毎回試行錯誤しているのも現実です。インナーマッスルはカラダの柔軟性と密接に関係しており、関節が無理なくスムーズに動くことが出来ないとインナーマッスルが目覚めてこない場合が多いです。

     

    また、インナーマッスルが長期間機能していなかったためか、刺激を入れた時には機能するのですが、動きの中で自然に機能しにくい場合もあり、こういった場合は何度も全身の再調整を加えながらチャレンジを繰り返します。

     

    そのような中で、体幹のインナーマッスルの中で重要とされる腹横筋という筋肉があります。この腹横筋はお腹を帯のように巻いている筋肉で腹圧のコントロールを行っているのですが、いきなり腹横筋に刺激を加えてもうまくいかないことも多々あります。

     

    このような場合、骨盤底筋が同時に活動しておらず、骨盤の底から圧が逃げていることがありますので、まず腹横筋の前に骨盤底筋が反応することが出来るのかチェックしておくことが必要となります。簡単に言えばお尻の穴をしめられるかどうかになりますがかなり奥が深いです。

     

    今日はやや専門的な記事になりましたが、体幹のインナーマッスルを最大限機能させておくことが最高のコンディションでもあります。しかし、いくら一生懸命に体幹トレーニングを行っても得られるものでもなく調整は簡単ではありません。

     

    私も常に研究と試行錯誤を繰り返してやっとここまでに至っております。そのように調整が非常に難しい体幹ですが、インナーマッスルにより安定を提供されたカラダがから得られるパフォーマンスは非常にヤバいです。

     

     

    フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションについても徹底的に研究しております。なお、スポーツ選手の痛み、コンディションについてはフィジカルデザインのサイトをご覧ください。

     

    皆様のご活躍を応援しております。

    フィジカルデザイン

    | コンディショニング | 01:29 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする