CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< エディーHCが思う日本の部活 20年変わらない疑問と「言われた事をよく聞く日本人」 | main | なぜ、部活の走り込みは嫌われるのか 「走って根性を鍛えろ」の教えは正しいか >>
県外からお越しいただき誠にありがとうございます
0

    いつも忙しくさせていただき誠にありがとうございます。

    今週の予約の空き状況もあとわずかとなっておりますので

    お早めにご連絡お願いいたします。

     

    当店をご利用いただいているお客様は、そのほとんどが広島県在住の方なのですが、時に私も驚くほど遠方から来られるお客様もいらっしゃいます。

     

    先週は、滋賀県からボクサーで腰痛が治らないお客様と、佐賀県からはバスケットボールでシンスプリントの痛みが治らないお客様にお越しいただけました。

     

    遠方から本当にありがとうございます。お話をお聞きするとお二人とも様々な病院やスポーツクリニック、良いと言われる治療院などに行かれたとのことですが、いっこうに痛みが治まらないため競技が行えずお困りということでした。

     

    県外からお越しということは、一度の調整である程度の結果を求められているわけで、今までの知識と経験をフルに発揮することになるため、非常にやりがいを感じるわけでもあります。

     

    これは県外からのお客様が特別というわけではなく、どのようなお客様も同じなのですが、お客様のカラダを調整するうえで最も気を付けなければならないことがあります。それは痛みの原因を決めつけないということです。

     

    治療経験の多い方は、カラダの状態と痛みの場所などである程度の原因が予測できるかもしれません。例えば、骨盤後傾の腰痛の原因は〇〇であるというようにです。

     

    しかし、最初から決めつけていると必ず詳細を見落とし複数にわたる痛みの原因を見誤ります。私はカラダの調整においてそれが一番危険だと思っております。

     

    ある程度予測しておくことも必要だとは思いますが、それは頭の片隅においておいて、まずはお客様の話や訴えをよく聞き(ここにヒントが多く隠されている)、毎回、無の状態でお客様のカラダを感じ取る。これが痛みを解決するために非常に重要だと考えています。

     

     

    フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、

    スポーツ選手のコンディションについても徹底的に研究しております。

    なお、スポーツ選手の痛み、コンディションについては

    フィジカルデザインのサイトをご覧ください。

     ●スポーツの痛みになぜ悩むのか

     ●コンディションの考え方

     

    皆様のご活躍を応援しております。

    フィジカルデザイン

    | 当店からのお知らせ | 01:59 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする