CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 阿部一二三が「30年に一人の逸材」の理由 恩師が説く「プレースタイルと肉体」論 | main | 今年もよろしくお願いいたします >>
JTサンダーズ 天皇杯優勝!おめでとうございます
0

    いつも忙しくさせていただき皆様に感謝いたします。

    年末は比較的落ち着いているかと思えたのですが

    大学生の帰省の方などを含めいっきに予約が入り

    来年まで予約の空きがありません。

     

    年始は、3日から営業する予定ですので

    皆様にお知らせいたします。

     

    さて、23日に、平成30年度天皇杯 全日本バレーボール選手権大会決勝があり
    東レアローズ戦を見事に勝ちJTサンダースが優勝されました。

    本当におめでとうございます。

     

    以下、ひろスポ!の記事を転載いたします。

     

    http://hirospo.com/pickup/52406.html

     

    最高のクリスマスプレゼントをありがとう!JTサンダーズ優勝〜ちゃこのVプレミアレポ天皇杯編

     

    最高の、クリスマスプレゼントをありがとう!

    平成30年度天皇杯 全日本バレーボール選手権大会決勝
    2018年12月23日(日)
    東京都・大田区総合体育館
    東レアローズ戦

     

    準々決勝でサントリーを、準決勝で豊田合成をいずれも3-0で撃破して、今日の決勝の舞台に上がってきました。何度も言いますが、今年のJTサンダーズは、戦力が安定してるんです!

     

    そして、なにより大事なのは、コートの中の選手、ベンチの選手、ベンチ外の選手、スタッフ、みんなが同じ方向を向いて、きちんと1つにまとまっていること。私たちファンも。JTの会社関係の方も。

     

    それが、すんごく力を発揮するんです!HPが無くなりそうな時にも、瀕死にならずに耐えて、次のターンに行くのに、必要なのは、「信頼」なんだと思います。JTサンダーズの、潜在能力を信じてる!

     

    さあ!勝負!!
    26-24
    25-22
    25-23


    3-0のストレートで、東レアローズを退けました!4年振り、3度目の、天皇杯優勝!天皇杯は、リーグ途中での開催になるため、リーグの行方を占う指標にもなります。ここ数年の男子リーグは、実力が拮抗していることもあり、天皇杯優勝チームが、リーグ優勝も果たす現象が続いてます。

     

    昨年は、パナ(黒鷲旗も制して、三冠)
    一昨年は東レ(二冠。天皇杯とリーグ)
    一昨々年は合成(二冠。同じく、天皇杯とリーグ)
    そして、2014-15は、JTサンダーズが、天皇杯とリーグ優勝の二冠!です。

    期待が持てます、2019年!

     

    スターティングメンバーは、
    OH:山本将平、劉力賓
    MB:小野寺、安永
    OP:エドガートーマス
    S:深津
    L:井上航
    「鉄板」です!

     

    東レのサーブは、昨日の合成よりは攻めてた、とは思うけど、JTの攻めの意図が、明確にアウンに向いていたのに比べると、東レの方は、劉なのか、将平なのか、ハッキリしなかった。

     

    東レは、リーグ7位に低迷しているのに、昨日はどれくらい振りか⁈にパナを破り、決勝進出。決勝の相手が、合成でなくJTだったので、少なからず、ラッキーな気持ちがあったと思う。

     

    いつもはスロースターターな東レが、突っ込んできて、第1セット東レにリードされながらの展開。それでも、リードをひっくり返すところが、今年のJTは強いんだなあ。

     

    第1セット最大4点のビハインドがあったけど、深津のサーブ(S1ローテ)の時にブレイクして、逆転!このローテの時の前衛は、トム(212)劉(197)小野寺(202)という恐ろしい高さ!うまさもあるので、なかなかすんなりは通りません。

     

    もしも運良くブロックを抜けたら、それぞれコースに、深津・航・将平が居ます。で、将平以外の2人が取った場合、ガガガ!と4人が動き出し攻撃準備に入ります。うちらにとっては、こんなに頼もしい存在はない!相手は、怖いじゃろうと思います。

     

    ブロックされるのも、東レブロックふつうに上手いし、当たり前。フォローにきちんと入ります。小野寺は元々守備力の良さで全日本に選ばれたし、一生懸命拾ってた。今日は、ヤスのファインレシーブも飛び出して、本当に、チーム一丸でしたね!

    最後も、トムが、アタックを決めて、優勝!!

     

    優勝インタビューには、
    ビスコ監督、
    エドガートーマス
    井上航
    山本将平主将
    が出てきました。

     

    トムが「コートの僕たちも、ベンチも、ベンチ外の選手も、みんなで戦っている」と言った時、外国人選手がインタビューでこんなことを言うの、初めて聞いた、と思いました。

     

    航も将平も「今年の広島は、豪雨災害で大変だった。少しでも、広島に明るいニュースを持って帰りたい」と言ってました。そして航は、締めの言葉が、「最高でーーす!!」(笑)。

     

    最高の、クリスマスプレゼントをありがとう!
    楽しい気分で、年末年始送れます。

     

    年明け、1月5.6日は、広島グリーンアリーナでの、ホームゲームです!会場を緑でいっぱいにして、JTサンダーズを、ファンも一緒に盛り上がろう!

     

    目指すは、頂点です!

    頑張れ!JTサンダーズ!
    がんばろう   広島!
    (ちゃこ)

     

    転載ここまで。

     

    フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、

    スポーツ選手のコンディションについても徹底的に研究しております。

    なお、スポーツ選手の痛み、コンディションについては

    フィジカルデザインのサイトをご覧ください。

     ●スポーツの痛みになぜ悩むのか

     ●コンディションの考え方

     

    皆様のご活躍を応援しております。

    フィジカルデザイン

    | - | 12:11 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする